筑波大附属直前対策

筑波大附属直前対策

筑波大附属直前対策

2018年の筑波対策行事は終了しました。(受講者のべ174名)


▶筑波大附属 直前講習<学力・実技>

学力分野講習と実技分野講習の2つの直前対策で、筑波大附属小学校の合格を目指します。筑波大学附属小学校対策に必要なのは「正確な情報をもって無駄の無い準備を進めること」。筑波大の図形は過去出題にアレンジを加えた問題が繰り返し出題される傾向にあります。研究テーマとともに傾向が変わることから12年分(6グループ×12カ年)の対策が相応。オリジナルペーパーとICT映像指導による理解がスムーズな授業で、図形・記憶対策を万全にいたします。制作は道具を使わない手先を扱った巧緻性作業が多いのが特徴です。ちぎり、ひも結びなど必出を中心に練習してまいります。体操は毎年出題されるクマ歩きをメインに、前転や鉄棒持久力など、広々とした教室で伸び伸び練習ができます。2次試験当日に実施される父母作文も過去の全テーマを紹介するとともに、書き方講座を同時開催。毎回の解説プレゼンで詳細な情報をお伝えしてまいります。

 

詳細をご確認の上、お申し込みください。


▶筑波大学附属小学校の受験情報特集はこちら

 

▶更新情報一覧はこちら